ようこそ「まほうの森」へおいでくださいました。ナビゲーターの尾崎光です。ここへいらした皆様は、占い・
魔法・魔術・おまじない等に多少なりともご興味がおありの方だと思います。西洋でも東洋でも古い古い昔
から、幾千年にも渡り、数々のおまじないや魔術・呪術等が、現代の世にまで語りつがれてきております。
私は幼少の頃から、そのようなものや精神世界系のことに興味を持つようになり、二十数年間、数々の書物
や文献を読みあさり、独学ではありますが、タロット占いや姓名判断、風水等の知識を付けてまいりました。
それに加えて、世界中のおまじないや魔術・呪術等の知識も付けてまいりました。私はプロの占い師でも霊
能者でもありませんが、幼い時分から自分には人一倍の霊感があることを自覚し、幾度かの霊的体験も経
験し、プロの鑑定士の先生からも「あなたは人の何倍も感受性が強く、四次元の世界(幽霊等)を見ること
ができる体質である」と言われたことがあるのです。そこで、これを何とか人のために生かせないかと思い、
自己で学んできた占いや呪術等をこのホームページを通じて、皆様にご提供することに致しました。

占いに関しては数ある種類のものを独学で学んできましたが、その中でも特に鑑定の結果に自信を持って
いるのが「タロット占い」「姓名判断」です。タロット占いに関しては若い頃から友人や知人を多く占ってあ
げたりして経験を積んできましたが、誰もがその的中率に驚いて怖がるほどでした。自分自身を占ったこと
ももちろんあります。何度もその占いの結果に助けられたり、運命を左右するようなことも経験し、自分でも
タロットの示す答には驚きと脅威を感じています。100パーセント当たるとは決して言いませんが、私の経
験では85パーセントから90パーセント位の的中率はあると信じておりますし、自信も持っております。自分
自身の持っている霊感(インスピレーション)がタロットカードと相性がいいのだろうと思います。

また、姓名判断には色々な流派があり、画数の数え方もそれによって違いがあったり、診断結果も流派に
よって違う・・・とお思いの方が多いと思いますが、私自信が長年学んできた中で、一番的中率も高く信頼性
のある、古くからの画数の数え方で診断をしております。例えば書いた文字そのままの画数では正しく診断
できないのです。「さんずい」は3画ではなく4画と数えますし、「くさかんむり」も3画ではなく4画とする方も
おられますが、本来「くさかんむり」は古来の形から6画と数えるのが正式です。そのように、お名前を鑑定
させて頂く時も、古来から伝わる正式な画数をあてはめて診断しておりますが、これがまた的中率が高いと
人からも評価を頂いておりますし、自分でも自信を持ってそう思っております。

それ以外では、東洋系の護符や呪符をはじめとし、西洋系のまじないや魔術、呪術(白魔術・黒魔術等)に
ついても、数多く学んできました。実際に試してみて、効果のあることも実証しております。ここでは、人々を
幸せに導くための霊力、魔力の絶大な呪術・魔術・おまじない等を紹介してまいります。

尚、人々を呪ったり、不幸に陥れるような呪法はここでは紹介致しません。なぜなら、呪術、魔術は霊力の
弱い者や念の力の弱い者が行ったり、遊び半分で行うものではなく、そうした形で行うと、相手にダメージを
与えることもできるかわりに、自分自身にもはね返ってきてしまうという、とても大きなリスクを背負うことに
なってしまいます。あとで取り返しのつかないことになってしまってからでは遅いのです。私は以前に、ある
逆恨みや妬みから「呪いの藁人形」や「写真に針や釘を刺す」ということを身近な人間から受けたことがある
のですが、下手に霊感のあり過ぎた私は、その影響をわずかながら受けてしまい、時々左胸が痛むように
なりました。幸い大きなダメージには至りませんでしたが、それを私に対して行った人物の方は自分にはね
返ってきてしまい、アルコール中毒になった上、精神異常者のようになってしまい、はては不幸の連続で、
手を差し伸べる人さえいなくなってしまいました。人を呪うと、何倍にもなって自分に返ってきてしまうのを目
の当たりにしたのです。

私は、人々を幸福や成功に導くためにお役に立ちたく、喜んで頂きたくて、ここではそのような効果の確か
なものだけを厳選してご紹介させて頂きます。もし、実践されてみて「効果があった!」「幸せになれた!」と
いう方や、占いや鑑定を受けてみられて「すごく当たっていた!」「役に立った!」という方々がいらしたら、
ぜひメールやお手紙でお知らせ頂けると嬉しく思います。それでは「まほうの森」の探索をゆっくりとお楽し
みくださいませ。
                                                   尾崎光





トップへ
トップへ
戻る
戻る